2011年10月28日金曜日

AE tips ~Depth Of Field メモ 01~

「Depth Of Field」を使うと、前後に重なったオブジェクトの、特に前オブジェクトのエッジが汚くなると思います。前オブジェクトというか、フォーカスが合っているオブジェクトのエッジ。

そんな時はDepthパスの解像度を倍にしてレンダリングすれば解消されます。

例えば、、、

1)ハーフHDの解像度1280*720でBeautyパスを出して、Depthパスはその倍の2560*1440でレンダリング。

2)AEで2560*1440の新規コンポジットを作成して、Depthパスはそのまま、BeautyパスをCtrl+Alt+Fキーでサイズをフィットさせた状態で入れて(スケールを見ると200%になっているはず)、Depth Of Fieldを適用。

3)2をプリコンポジット後、現在のコンポジットサイズを1280*720にしてプリコンポジットのサイズをフィット(プリコンポジットのスケールが50%になっているはず)。


すると、エッジがかなり綺麗になるはずです。

裏技前

裏技後

ちなみに僕はいつもプリコンポジットの一番上にDepth Of Fieldを適用した調整レイヤーを置き、二番目にRSMBの調整レイヤー置きます。



 仕事ではレイヤー数はこんなもんじゃないですが、、、

0 件のコメント:

コメントを投稿