2011年11月8日火曜日

レンダラーとエッジ メモ

例えばメインでVrayを使用していて、RGBMatやマスクを出す時は標準レンダラーで出す・・・という人はそう少なくないと思います。

しかしここに落とし穴があります。

実はこれらレンダラーは、それぞれ微妙にエッジが違います。
Vrayにもスキャンラインにも共通してmitchellなどのフィルタータイプはありますが、そもそもレンダラーが違うのでエッジの感じも違うのです。


コンポジットの際、各レンダラーから出した素材を重ねてみると分かると思います。

これはMaxに限らず、どの3Dソフトにも言えることだと思います。是非お試しあれ!

0 件のコメント:

コメントを投稿