2011年11月9日水曜日

画ブレ メモ

フルCGでも何でも、画に臨場感や迫力を持たす為に画ブレを入れる・・・なんてことをよくすると思います。

その場合、AE上でウィグラーを適用したり、3D上でカメラを動かすと思います。

でもそんな嘘っぱちなカメラの動きだとすぐにバレます。

そこでお勧めなのが「実写素材をトラッキングして、出来たヌルにリンクする」方法です。


まずカメラフィックスの場合。
とはいっても、今までの経験上“完全なカメラフィックス”はあり得なかったです。
どれだけ固定していても、風などで若干プルっているんです。
なのでこの微動をウィグラーで横着せず、カメラフィックスで撮った実写素材(よく見ると微動していますが)をAEでトラッキングして、ヌルを作ってリンクさせればリアルなカメラフィックスに近づきます。


次に手振れ感を出す場合。
やってはいけないですが例として・・・。

プライベートライアンのDVDをリッピングしてVOBを連番にしてトラッキング!!

ダメですね。真似しないで下さい。

しかし自分で理想の手振れを撮ってトラッキングすれば問題ないです。
注意すべきは、CGでZ方向のカメラのアニメーションをつけて(XYもつけていいですが、手振れっぽくしないで下さい)、実写素材のXY方向をトラッキングして合成して下さい。
なので撮り方も気にして下さい。前に行ったり後ろに行ったりせず、上下左右だけの動きが理想的です。
これはAEでトラッキングする技ですが、Boujyouでトラッキングする場合は1点トラッキングしてXYのチャンネルを吐き出し、CG上ではダミーにXYチャンネルをベイク後、CGカメラをリンクさせればOKです。

一度お試しあれ!

0 件のコメント:

コメントを投稿