2012年2月21日火曜日

レンズフレア メモ 02

メモ 01 でイメージを載せなかったので、今回は僕が撮った写真に簡単にフレア入れて解説です。

まず成分の説明。










こんな感じです。
ゴーストの 数が多いので、ズームレンズを使っているな~ってのが分かります。
しかもその形に六角形が含まれています。ってことは絞り羽根は6枚、、、、つまりストリークの数も6本になります。なお、この時のストリークは六角形の対角を結ぶように伸びないので要注意です。rotateのオフセットで調節して下さい。

続いて










縦に伸びているのがスミアです。イメージの端から端まで伸びているのが特徴です。
もちろん横にも伸びます。
「スミア」で画像検索するとどの写真もどちらか一方の筋が強いです。十字に端から端まで伸びているのは見ないです。
これってCCDの特性??
もっと調べないと・・・・。


そして作例です。

オリジナルです。














ではフレアを足すと・・・・












<目 飛び出し注意>


ストリークのあるフレアを足しました。
ストリーク・・・ってことは絞り気味で撮ると発生しやすいってことなので、イメージをレベル補正しました。

次に












<アナモな飛び出し>

アナモ風に仕上げてみましたww
アップしてから何ですが、スミアを入れるの忘れました。すみあせん。。。。。


こんな感じでしょうか。
カラコレもしっかりして効果的なフレアを足すといいと思います。
しかし今回使用した写真は無理やりでしたね。アイキャッチを光源扱いにしてしまいましたし・・・。
そもそもこの写真は単焦点レンズ使用でF値2.0くらいで割と開放で撮っていたはずなので、ストリークは出にくいんじゃないかなーと。
足しても丸くてゴーストが無いフレアだと思います。


結論。
Optical Flares は楽しい!

0 件のコメント:

コメントを投稿