2012年5月20日日曜日

モニターにはめ込み合成の場合、撮影時にすること メモ

最近教えてもらったのでメモしておきます。
エディターの方は既にやっているかもしれませんね。。。


撮影では何も映し出されていないモニターでも、その後マッチムーブなどしてCGで中画を作り合成・・・なんて仕事があると思います。

そんな時は














こんな画像をモニターに映し出すといいです。

背景色をグリーンやブルーにするとモニターからの照り返しも同様の色になって編集が面倒だったりします。
更にグレーの方がモニター面の反射を拾い易いので便利です。

ちなみに30%グレーです。


明るめの中画をはめ込む場合でもこのくらいのグレーがいいそうです。
明るいグレーだとやっぱりモニター面の反射を利用しにくいっちゅーことです。


あとサイズも複数用意した方がいいです。
SDサイズやHDサイズ。
Windowsの解像度やMacの解像度。
などなど。


一番厄介なのは携帯端末やタブレット型のデバイス。

新商品のCM撮影の場合は、撮影前にそれらの解像度を調べておき、対応したサイズの画像を作っておく必要があります。

そもそもモックアップを使った撮影の場合、画像を送ってアウトプット出来るのか??って話なんですがwww

0 件のコメント:

コメントを投稿