2012年7月25日水曜日

実写の滴をCGにも活かす メモ 例

以前説明した方法を実際にやってみるとどう見えるか。
ここにアップしようと思います。


素材をうまくとって、うまく加工すればいい感じになると思います。
Maxで作りましたが、勿論Mayaでも出来ます!










これをレンダリングしてムービーで見てみると・・・


vimeoのアカウント作っちゃいました・・・。

Using Water Drops of live-action from Toru Inagaki on Vimeo.


ちなみに一発レンダリングです。
水滴用のシリンダーと缶用のシリンダーの隙間が若干空いているので、ちゃんと作りたければ
缶と水滴は別にレンダリングしてコンプする必要がありますね。その場合、水滴用のシリンダーは缶と同じ大きさにして、缶の質感が付いた屈折用シリンダーはマットオブジェクトにして少し小さめにして下さい。ほんの少しです!

今回はこの辺を割愛します。すみません。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿