2012年7月29日日曜日

VrayDisplacement メモ 02

フィルタリングの検証です。











まずはbitmapで読み込んだマップをアサイン。
bitmapのfilteringはnone、モディファイヤのfilter texmap にチェックを入れました。
でもフィルタータイプがnoneなのでfilter texmap にチェックを入れても意味はないですが。。。

つまりfilter texmap にチェックを入れて調整したい場合、bitmapのfilteringがPyramidalかSummed Areaである必要があります。

Pyramidalだと











で、Summed Area だと











になります。
どちらもfilter blur の数値は0ですが、こんなにも変わってしまいます。

そしてfilter blur の数値を上げると、











こんな結果になっちゃいます。
おそらくこれはやりすぎで、マップがバンディングを引き起こしているんだと思います。


今回作ったマップはなんのフィルタリングもしていないパキッとしたマップでした。
しかしMaxでPyramidal や Summed Area にした瞬間にこんなにも変わってしまいます。意図的に変えるならいいでしょうが、それが嫌ならPSD上でマップにブラーを掛けたりフィルタリングして調整が必要かもしれません。あとはバンディングに注意しておけば問題ないかと思います。



次にVrayHDRIでマップを読み込んでアサインしてみます。

まずはこんな設定










3.0×3.0pixelのマップをinterpolation(補完方法)がdefaultの状態で読み込んでいます。
モディファイヤのfilter texmapにチェックが入っているとはいえblurが0なので、パキッとした凹凸になると思いきや、なんとも痛々しい結果になってしまいました。

どうやらVrayHDRIとVrayDisplacementの組み合わせでは、マップサイズに比例して結果が変わるようです。
ではサイズを変えてみます。











もともと3.0×3.0pixelにたいして、540×540pixelのサイズを用意しました。
メモ01でも触れましたが、マップはできるだけ2のn乗のサイズで作成してくださいね!
今回は許してください・・・・

マテリアルエディターのサムネイルを見ると、3.0×3.0pixelの時よりくっきりしているのがお分かりでしょうか?
あと、resolutionをデフォルトの128にしました。

なんか良さそうすね!

では、resolution をマップサイズと同じ540にしてみます。










さっきより良くなりましたが、エッジがおかしいですね。

では今度はresolution を1024にすると・・・・・・










かなりいいっすね!!

なのでresolution はマップサイズより大きめがいいのかもしれません。
この設定をベースに、次回もフィルタリング検証を紹介をします。

2 件のコメント:

  1. どもども相変わらず勉強熱心ですね。
    ちょっとほかの方から聞いた情報で自分は検証も何もしていないのですが、Vrayでマテリアルなどにマップを張るときにVrayBmpFilterのほうがレンダリングが早くなるらしいです。
    細かい設定項目がないのでディスプレイスとかでどう効果が変わってくるかはわかりませんが、試してみる価値はあるかもしれません。

    返信削除
  2. >Imazu さん
    レンダラーがVrayの時、VrayHDRIはBitmapよりレンダリングが早いと聞いたことがあります。近々レンダリング時間を検証してみようと思っていました。何百枚という高解像度のマップを使用した時など。。。
    その結果次第ではVrayHDRIにシフトしていこうかなと思っていました。昔と違っていろんなフォーマットにも対応していますし。
    VrayBmpFilter も気になっていましたが、合わせて検証します。確かに細かい設定がないのでシンプルな反面落とし穴か、もしくはそれを補う方法も確立する必要があるかもですね。検証してよければ問答無用でVrayBmpFilterって感じすかね!

    返信削除