2016年1月5日火曜日

2016年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
2016年も宜しくお願い致します。

一部関係者の方にはご報告しましたが、昨年7月に会社を設立しました。
株式会社Canvas です。以後お見知りおき下さいませ。

現在はCMをメインに映像制作をしていますが、今後は3Dプリントの事業やオリジナルコンテンツの事業を展開して行きます。
既に3Dプリンターは導入していますが、まだまだ試験運転中です。
軌道に乗せるまでは時間はかかりますが、焦らず進めて行きます。
オリジナルコンテンツは主に映像ですが、行く行くは3Dプリントも絡めた展開も考えています。
まずは映像からですね。現在制作中ですので、出来ましたらとある形で公開します。


あとは記事ですね。
途中で終わっているものが多いですね。すみません。
まずはモーションブラーまわりを更新して行きます。あと2~3項で済むと思いますので。


さて結果重視のこの業界。ツールに慣れたり引き出しを増やしたりして何とか成果物を挙げたいですよね。しかし実は How よりも Why が大切だったりしますね。

「なぜこんな汚れになっているのか」を考えると、削られている感じなのか付着している感じなのかでウェザリングの方法も変わってきますよね。前者だとすると下地のレイヤーの上に塗装レイヤーを乗せて、塗装レイヤーをレイヤーマスクで削るように描いていこう・・・みたいな発想に繋がると思います。

会社や環境によっては使い方・作り方は教えてくれても画に対する考え方や導き方はなかなか教えてもらえなかったり、教える側も半ば感覚的な部分を言葉でどう表現すればいいか分からなかったりしませんかね?
かと言って自分は上手く伝えられるのかというとそうではありませんが、出来るだけ導き方も上手く盛り込んだ内容を心掛けて、自分の引き出しの中身をご紹介できればなと思います。


では、2016年も皆様にとってよい一年になりますように!


0 件のコメント:

コメントを投稿